彼女はキレイだった:第7話 “愛”小芝風花、こじれる“宗介”中島健人との関係 混戦の恋愛模様!

連続ドラマ「彼女はキレイだった」第7話の場面写真=カンテレ提供
1 / 8
連続ドラマ「彼女はキレイだった」第7話の場面写真=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第7話が8月24日に放送される。

 昔も今も長谷部宗介(中島さん)を好きと気付いた佐藤愛(小芝さん)は、全てを打ち明けようと宗介の元へ。しかし、そこには桐山梨沙(佐久間由衣さん)の姿が。愛は梨沙がいまだに自分のフリを続け、ひそかに宗介と会っていたと知りショックを受けるが、問いただせない。

 宗介は愛を思う気持ちが日に日に強くなり、それを伝えようとする。しかし愛は、思わず宗介を避けてしまう。そんな2人の様子を見た樋口拓也(赤楚衛二さん)は、もはや自分の恋が実ることはないと、ある決意をするが……。

 原作は韓国の同名ヒットドラマ。さえない太っちょ少年から「イケメン毒舌エリート男子」になった長谷部宗介、優等生の美少女から「無職の残念女子」になった佐藤愛という、真逆の成長を遂げた2人の初恋すれ違いラブストーリー。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る