ロミオの青い空:「世界名作劇場」の名作アニメがミュージカル化 

「ロミオの青い空」のミュージカル「ミュージカル『ロミオの青い空』」の告知(C)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.(C)Romisora Musical2022
1 / 1
「ロミオの青い空」のミュージカル「ミュージカル『ロミオの青い空』」の告知(C)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.(C)Romisora Musical2022

 テレビアニメ「世界名作劇場」シリーズの「ロミオの青い空」がミュージカル化されることが9月1日、分かった。タイトルは「ミュージカル『ロミオの青い空』」で、2022年3月30日~4月3日に東京建物 Brillia HALL(東京都豊島区)で上演される。ミュージカル「憂国のモリアーティ」シリーズなどの西森英行さんが演出を手がける。「ALIVESTAGE」シリーズなどのヴァカーエンターテインメントの鄭光誠さんが脚本、舞台「鬼滅の刃」シリーズなどの和田俊輔さんが音楽を担当する。キャストのオーディションが実施されることも発表された。

 「ロミオの青い空」は、リザ・テツナーの「黒い兄弟」が原作で、1995年に放送された。19世紀後半のスイスの小さな村を舞台に、少年ロミオが家計を助けるために煙突掃除夫として奮闘する姿が描かれた。

 「世界名作劇場」シリーズは、1975年放送の第1作「フランダースの犬」からスタートしたアニメシリーズ。2009年の「こんにちは アン」まで全26作が放送された。

アニメ 最新記事