「おかえりモネ」振り返り:“俺たちの菅波”フィーバー列島席巻! ついに“モネだけの菅波”に 「不憫」“未知砲”被弾も

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第16週の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第16週の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)。第16週「若き者たち」(8月30日~9月3日)では、引き続き“俺たちの菅波”として親しまれている菅波(坂口健太郎さん)が高い人気を示し、列島に“菅波フィーバー”が吹き荒れた。理不尽な“災難”に遭遇、百音に電話で神対応、“恋の事情聴取”でもじもじ、そして百音に抱擁……。さまざまな菅波の“事件”が登場した同週を視聴者の声と共に振り返る。

 8月30日放送の第76回では、菅波にとっての“災難”が描かれた。百音に会うために汐見湯にやってきた菅波は、未知(蒔田彩珠さん)と出くわす。何の落ち度もない菅波だが、やるせなさを抱えていた未知に理不尽に当たられ、SNSでは「【悲報】俺たちの菅波、流れ弾で撃墜」「流れ弾に当たる不憫(ふびん)まで愛(いと)おしい」「不憫であるほど輝き、ワイら視聴者をとりこにする」といった感想が書き込まれた。

 菅波が未知に当たられたその日、百音は亮(永瀬廉さん)を心配して会いに行ってしまい、菅波と百音のデートは延期に。31日放送の第77回では、百音が菅波に謝罪。百音の事情を聞いていた菅波は、「そういうときにこっち(菅波)のことを忘れてしまう人の方が、僕は信頼できます」と応じ、「ほれ直したぞー!」「イケ波」「神対応」「さっすがー!」と絶賛コメントが続々集まった。

 同週では、菅波が莉子(今田美桜さん)たちから“恋の事情聴取”を受ける姿も話題に。9月1日放送の第78回では、初めて会ったときから百音を可愛いと思っていたのかどうか聞かれ、菅波は黙秘。「可愛いって思ってたの!?」「モジモジしてんのかわいい」「君、やっぱり前から可愛いとは思ってたね」「もーーーー!! 先生!!」と盛り上がった。

 同週のグランドフィナーレでは、菅波と百音が織り成すロマンチックなシーンが描かれた。3日放送の第80回では、菅波は、登米(とめ)の診療所に専念するつもりであることを百音に告白。動揺する百音を、菅波は優しく抱き寄せたため、「バンザイ!」「完璧だぞ…100億点」「俺たちの菅波マジ良くやった!!」「コインランドリーの奇跡」と視聴者も歓喜。

 また同回では、菅波が百音にタメ口で「どうしたの?」と気にかける姿も。ですます調ではない菅波に対して、「どうしたの?」「こっちがどうしたの?だよ!」「男出してきやがってーー」「菅波タメ口砲、被弾しました」と驚きの声が続々上がった。

 これまで「俺たちの菅波」としてSNSで親しまれてきた菅波だが、第80回を迎え、ついに「モネだけの菅波」と呼ぶ声も上がり、「俺たちの菅波からモネだけの菅波に…」「#モネだけの菅波というタグが爆誕してるw」「モネだけの菅波に昇格おめでとう」と祝福するコメントが並んだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る