東京リベンジャーズ:動員数310万人突破 「るろ剣」超え、今年の実写作品1位に 興収は41億円

映画「東京リベンジャーズ」のビジュアル(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
1 / 1
映画「東京リベンジャーズ」のビジュアル(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

 俳優の北村匠海さん主演で、和久井健さんの人気マンガを実写化した映画「東京リベンジャーズ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)が、7月9日の公開から9月5日までの期間で、観客動員数310万人、興行収入41億2300万円を突破したことが分かった。映画「るろうに剣心 最終章 The Final」の観客動員数308万人(9月6日時点)を超え、今年の実写作品での動員数1位を記録した。

 映画は、「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の和久井さんのマンガ「東京卍リベンジャーズ」が原作。人生どん底のダメフリーター・花垣武道(北村さん)はある日、中学時代に付き合っていた人生唯一の恋人・橘日向(今田美桜さん)とその弟・直人(杉野遥亮さん)が関東最凶の組織・東京卍曾(まんじかい)に殺害されたとニュースで知る。翌日、駅のホームで何者かに背中を押され線路に転落したタケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまう。日向を救うため、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチが“リベンジ”する姿が描かれる。

 映画には吉沢亮さん、山田裕貴さん、鈴木伸之さん、眞栄田郷敦さん、磯村勇斗さん、間宮祥太朗さん、清水尋也さんらが出演している。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る