映画興行成績:「シャン・チー」が初登場首位 「科捜研の女」は3位発進

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の一場面(C)Marvel Studios 2021
1 / 1
「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の一場面(C)Marvel Studios 2021

 9月6日に発表された4、5日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、米マーベル・スタジオが手掛ける映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」(デスティン・ダニエル・クレットン監督)が、初登場で首位を獲得した。土日2日間で約14万人を動員し、興行収入は約2億1700万円を記録した。9月3日の公開から3日間の累計では、動員が約19万6000人、興行収入が約3億100万円を記録する好スタートを切った。

 初登場作品では、女優の沢口靖子さん主演の人気ドラマシリーズ「科捜研の女」(テレビ朝日系)の映画「科捜研の女 -劇場版-」(兼崎涼介監督)が3位にランクインした。

 累計では、前週に続き2位をキープした劇場版アニメ「竜とそばかすの姫」(細田守監督)が動員417万人を突破し、興行収入は58億円に迫っている。4位の劇場版アニメ「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」(長崎健司監督)は、動員が198万人、興行収入が26億円を突破した。

 5位の「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」(ジャスティン・リン監督)は、動員216万人、興行収入32億円、7位の「東京リベンジャーズ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)は動員310万人、興行収入41億円に達している。

 1位 シャン・チー/テン・リングスの伝説
 2位 竜とそばかすの姫
 3位 科捜研の女 -劇場版-
 4位 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション
 5位 ワイルド・スピード/ジェットブレイク
 6位 かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル
 7位 東京リベンジャーズ
 8位 鳩の撃退法
 9位 孤狼の血 LEVEL2
 10位 オールド

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る