仮面ライダーリバイス:第2話「悪魔はあくまで悪いやつ!?」 バイスに怒り心頭の一輝 早くもコンビ解消?

「仮面ライダーリバイス」第2話「悪魔はあくまで悪いやつ!?」の一場面(C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 4
「仮面ライダーリバイス」第2話「悪魔はあくまで悪いやつ!?」の一場面(C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第2話「悪魔はあくまで悪いやつ!?」が9月12日に放送される。予告映像では「ヒーローと悪魔、早くもコンビ解消!?」との文字が躍っている。

 一輝(前田拳太郎さん)が変身した仮面ライダーリバイと、一輝に宿る悪魔バイス(声・木村昴さん)が変身した仮面ライダーバイスの活躍に惚(ほ)れ込んでしまった政府直属の特務機関「フェニックス」の研究員・狩崎(濱尾ノリタカさん)。フェニックスの幹部・若林(田邊和也さん)も、大二(日向亘さん)に兄・一輝とのフェニックスの契約を取り付けるよう命じる。さっそく大二は、一輝に「一緒にデッドマンズと戦ってほしい」と持ちかけるが……。

 そんな中、新たなデッドマンが出現。大二と現場に急行した一輝は、とっさに変身して、バイスと共にデッドマンに立ち向かう。しかし、戦いの途中、またもやバイスが一輝の思いを裏切るような行動に出る。そんなバイスに怒り心頭の一輝は、ある決断を下す。

 「仮面ライダーリバイス」は、仮面ライダーの生誕50周年記念作品。主人公・五十嵐一輝が大切な家族を守るため、内に宿る悪魔バイスと契約して仮面ライダーリバイに変身。悪魔バイスが変身する仮面ライダーバイスと共に、“一人で二人”のコンビの仮面ライダーリバイスとして、悪魔崇拝組織デッドマンズと戦う姿を描く。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る