ドクターX:“新御意軍団”爆誕! 要潤がレスキュー隊からスーパードクターへ

10月スタートの連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第7シリーズに出演する(左から)小藪千豊さん、要潤さん、杉田かおるさん=テレビ朝日提供
1 / 1
10月スタートの連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第7シリーズに出演する(左から)小藪千豊さん、要潤さん、杉田かおるさん=テレビ朝日提供

 10月に放送がスタートする女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズに、俳優の要潤さん、永野宗典さん、女優の杉田かおるさん、お笑い芸人の小藪千豊さんが出演することが分かった。縦社会の医局の新たな“御意軍団”を演じる。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台となる。

 4人が演じるのは、今シーズンの未知子にとって“最強の敵”となる内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)に忠誠を誓う医師たち。要さんは、蜂須賀の手足となって暗躍する、脳外科の世界的権威で海外では「ホワイトジャック」とも呼ばれているスーパードクター・興梠広(こおろぎ・ひろし)、小籔さんが蜂須賀の腰巾着で野心家の内科副部長・鍬形忠(くわがた・ただし)、杉田さんが蜂須賀の右腕である広報室長・三国蝶子(みくに・ちょうこ)、永野さんが鍬形の腰巾着である内科医・寒蝉勇次(ひぐらし・ゆうじ)をそれぞれ演じる。

 先日最終回を迎えた「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)でハイパーレスキュー隊の隊長・千住を好演した要さんだが、今回演じるのは“敵役”のスーパードクター。「歴史ある作品への出演にプレッシャーも感じましたが、それ以上に『出たい!』という気持ちが強かったので、幸せです。ウソがないようにスーパードクターを演じるため、手術シーンに向けて練習もしっかりやろうと思います」とコメント。「劇中ではスーパー・スーパードクターの大門未知子と対立しますが、米倉さんの胸を借りるつもりでぶつかっていきたいです」と意気込んだ。

 米倉さんとは、ドラマ「不信のとき~ウーマン・ウォーズ~」(フジテレビ系、2006年)以来、15年ぶりの共演となる杉田さんは、「米倉さんはもともとすごいオーラを放っている方でしたが、さらに美しさに磨きがかかり、俳優さんとしても大きくなられて!」と久々の再会を喜んだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る