桃太郎電鉄:シリーズ最新作がボードゲームに 3種のプレーモード

「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」のボードゲーム「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ ボードゲーム」(C)さくまあきら(C)Konami Digital Entertainment
1 / 10
「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」のボードゲーム「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ ボードゲーム」(C)さくまあきら(C)Konami Digital Entertainment

 コナミデジタルエンタテインメントの人気ゲーム「桃太郎電鉄」シリーズの最新作「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」がボードゲーム化され、「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~ ボードゲーム」としてタカラトミーアーツから10月中旬に発売される。価格は4950円。

 「桃太郎電鉄」シリーズのボードゲームは、2012年に「桃太郎電鉄ボードゲーム 大どんでん返しの巻」(同)が発売されている。ゲーム最新作が2020年11月に発売され、ボードゲームも令和版としてリニューアルされた。プレー年数や決算月をカウントするルーレット、機関車形の駒、カード、サイコロなどでゲームの世界観を楽しめる。

 約30分の短時間で決着がつく「かんたんラリーモード」、貧乏神が登場せずシンプルに遊べる「貧乏神がいないモード」、ゲームと同じルールの「いつもの桃鉄モード」の3種類のプレーモードが楽しめる。

写真を見る全 10 枚

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る