魔少年ビーティー:荒木飛呂彦の伝説の初連載 西尾維新&出水ぽすかが描く“60年後” 読み切りが「ウルトラジャンプ」に

10月19日発売の「ウルトラジャンプ」11月号に掲載される読み切り「魔老紳士ビーティー」のカット(C)荒木飛呂彦・西尾維新・出水ぽすか/集英社
1 / 4
10月19日発売の「ウルトラジャンプ」11月号に掲載される読み切り「魔老紳士ビーティー」のカット(C)荒木飛呂彦・西尾維新・出水ぽすか/集英社

 「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズで知られるマンガ家の荒木飛呂彦さんの連載デビュー作「魔少年ビーティー」の60年後を描く読み切り「魔老紳士ビーティー」が、10月19日発売のマンガ誌「ウルトラジャンプ」(集英社)11月号に掲載されることが分かった。読み切りは、人気小説「<物語>シリーズ」(講談社)などで知られる西尾維新さんが原作を手がけ、「約束のネバーランド」の出水ぽすかさんが作画を担当する。

 「魔少年ビーティー」は、「週刊少年ジャンプ」(同)で1982年の42~51号に掲載された荒木さんの初めての連載作品。サブタイトルは「COOL SHOCK B.T.」で、手品やトリックを自由自在に使いこなす不思議な転校生・ビーティーが、友人の公一と共にさまざまな怪事件に立ち向かう姿が描かれた。

 読み切り「魔老紳士ビーティー」は、「魔少年ビーティー」の60年後が舞台。老いてなお“クールショック”な姿を見せるビーティーと、固い友情で結ばれた公一の前に“あの男”が現れる……というストーリー。

写真を見る全 4 枚

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る