東京ラブストーリー:現代版が地上波放送へ 伊藤健太郎、石橋静河、清原翔、石井杏奈ら出演

「東京ラブストーリー」に出演する(左から)伊藤健太郎さん、石橋静河さん、石井杏奈さん、清原翔さん (C)柴門ふみ/小学館 フジテレビジョン
1 / 4
「東京ラブストーリー」に出演する(左から)伊藤健太郎さん、石橋静河さん、石井杏奈さん、清原翔さん (C)柴門ふみ/小学館 フジテレビジョン

 俳優の伊藤健太郎さんや女優の石橋静河さんらの出演で、約29年ぶりに現代版として再ドラマ化された「東京ラブストーリー」が、10月12日から地上波で放送されることが9月17日、分かった。同作は、フジテレビの動画配信サービス「FOD(エフオーディー)」と「Amazon Prime Video」で昨年4月に配信された。

 「東京ラブストーリー」は、「家族の食卓」「あすなろ白書」を手掛けた柴門ふみさんのマンガが原作で、米国に住んでいた経験を持ち、自由気ままに生き、恋愛にも真っすぐな赤名リカが主人公。リカに好意を寄せられる永尾完治(カンチ)や、完治の高校の同級生・三上健一、同じく完治の高校の同級生で完治が思いを寄せる関口さとみ、三上の大学の同級生・長崎尚子らが織りなすラブストーリー。

 女優の鈴木保奈美さんと俳優の織田裕二さんが共演した「東京ラブストーリー」は、1991年1月期にフジテレビの“月9”ドラマとして放送され、期間平均視聴率22.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、最終回には番組最高となる32.9%(同)の高視聴率を記録。小田和正さんの歌う主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」も人気を集めるなど、大ヒットした。

 今作では、伊藤さんが完治、石橋さんがリカを演じ、三上は清原翔さん、さとみは石井杏奈さんが演じた。

 ドラマは関東ローカルで放送。初回は10月12日深夜0時35分から、第2話以降は毎週火曜深夜0時25分に放送される。全11話。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る