劇場版 Free!-the Final Stroke-:島崎信長「本当にすごく愛が込もっている」 宮野真守、内山昂輝と舞台あいさつに

「劇場版 Free!-the Final Stroke-」の前編の舞台あいさつの様子(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会2021
1 / 13
「劇場版 Free!-the Final Stroke-」の前編の舞台あいさつの様子(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会2021

 水泳をテーマにしたアニメ「Free!」の完全新作劇場版「劇場版 Free!-the Final Stroke-」の前編の舞台あいさつが9月18日、新宿ピカデリー (東京都新宿区)で開催された。声優の島崎信長さん、宮野真守さん、内山昂輝さんが登場し、「Free!」への思いを語った。

 七瀬遙役の島崎さんは劇場版への思いを「見ていた時に思ったのが『ずっと見ていたいな』って思っちゃったんですよね。1カット、1カット本当にすごく愛が込もっているなって思って、すごく幸せな気持ちになりました。公開ってワクワクもあるんですけど、ドキドキだったり皆さんにどう受け止めてもらえるかな?ってあったりもするんですけど、試写で僕が愛と熱意をいっぱい感じたので、ひたすら皆さんに早く見てほしい、どんなふうに楽しんでもらえるかなって。ラストがラストなので皆さん心がぐちゃぐちゃになってるかもしれないんですが、僕はそこすら含めて、悲しいシーン、すれ違いすら含めて幸せな気持ちになってました」と熱く語った。

 松岡凛役の宮野さんは「8年間、(後編が公開される)来年を含めると9年間ずっと応援していただけたっていうのがすごいことだなと感じるんですよね。8年前に始まったときは彼らはまだ高校生だったわけで、そこで本来終わるかもしれない作品だったのが、皆さんの応援があったからこそ、8年間も続けることができたっていうのは僕らとして感謝しかないです。ここまで年齢を追って成長していく物語を演じられるってなかなか稀有(けう)なことだと思うんです。皆さんのおかげで僕らもずっと彼らの成長を見守ることができて、その時々でつぶさにそれを感じることができて本当に幸せだなって思いながら携わっております」とコメント。

 桐嶋郁弥役の内山さんは「作品をやっと皆さんにお届けできるという、本当にお待たせしましたという気持ちがまず一つあるのと、僕は家で完成した作品を見たのですが、劇場ほどよい視聴環境ではなく画質も粗かったので、多分皆さんの方が良い鑑賞体験になったんではないかなと。ぜひぜひその気持ちを友達とかに『よかったよ』と伝えていただきたいと思います」と呼びかけた。

 島崎さんは後編に向けて「後編でも絶対に皆さまの愛と期待と応援にお応えするものを届けますので。ひたすら思いっきり楽しみに前向きな気持ちで、絶対に幸せな景色を皆さんに見ていただけると僕も確信しておりますので、どうか楽しみにしていただければ、これからも Free!シリーズを愛していただければ幸いです」と語った。

 「Free!」は、京都アニメーションのライトノベルレーベル「KAエスマ文庫」で発売されたおおじこうじさんの「ハイ☆スピード!」が原案。水泳好きだった高校生の七瀬遙が仲間と共に水泳部を設立し、ライバルとの戦いを経て、泳ぎへの情熱を取り戻していく……というストーリー。テレビアニメ第1期が2013年7~9月、第2期が2014年7~9月、第3期が2018年7~9月に放送された。新作は、河浪栄作さんが監督を務め、京都アニメーションが制作する。後編は2022年4月22日に公開される。

写真を見る全 13 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る