咲妃みゆ:元タカラジェンヌが「アイの歌声を聴かせて」でアニメ初出演 美声披露

「アイの歌声を聴かせて」の劇中アニメ「ムーンプリンセス」の一場面(C)吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会
1 / 2
「アイの歌声を聴かせて」の劇中アニメ「ムーンプリンセス」の一場面(C)吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会

 元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の咲妃みゆさんが、劇場版アニメ「アイの歌声を聴かせて」(吉浦康裕監督、10月29日公開)に声優として出演し、劇中歌「フィール ザ ムーンライト ~愛の歌声を聴かせて~」を披露することが分かった。咲妃さんがアニメに出演するのは初めて。咲妃さんは、劇中アニメ「ムーンプリンセス」のキャラクターで、ムーンを演じ、宝塚時代さながらの美声を披露するという。「ムーンプリンセス」のカットも公開された。

 咲妃さんは「まさかアニメーション作品に携わらせていただける日がくるなんて……と大変うれしかったです」とコメント。「自分とは全く違うビジュアルをしたキャラクターだけど聞こえてくる声は私だ……!と不思議な感覚になりドキドキしました。新参者丸出しの感想ですね(笑い)。いつかせりふも発してみたいという新たな夢が生まれました!」と話している。

 劇中歌について「冒頭は優しく包み込んでくれる子守唄のように感じますが、そこからどんどん壮大に展開していくのでワクワクしました。歌詞も温かみに溢れていてすてきだと思います」と話し、「歳を重ねても無条件に好きな物事、自然と惹(ひ)かれる物事って、実は幼少期の経験が軸になっている気がするなぁと私は感じることがあります。サトミを励まし後押しできるよう、長い間寄り添い続ける気持ちを歌声に乗せて届けたいと思いました」と収録を振り返った。

 「アイの歌声を聴かせて」は、ポンコツのAIとクラスメートたちの友情や絆を描くハートフルストーリー。「イヴの時間」「サカサマのパテマ」などの吉浦監督が原作、脚本を手掛け、「コードギアス 反逆のルルーシュ」などの大河内一楼さんが共同脚本として参加。マンガ「海辺のエトランゼ」などで知られる紀伊カンナさんがキャラクター原案、「コードギアス 亡国のアキト」などの島村秀一さんが総作画監督を務める。「黒子のバスケ」の劇伴を手掛けた高橋諒さんが音楽、「アイドルマスター」シリーズの松井洋平さんが楽曲の作詞を担当する。「とある魔術の禁書目録」などのJ.C.STAFFが制作する。土屋太鳳さんが主人公・シオンの声優を務めるほか、福原遥さん、工藤阿須加さんらが出演する。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る