おかえりモネ:みーちゃん&りょーちんの“距離”話題 気づけばタメ口…「どうなってるの!?」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第93回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第93回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第93回が9月22日に放送された。前日放送の第92回に続き、SNSでは未知(蒔田彩珠さん)と亮(永瀬廉さん)の“距離”に注目が集まった。

 第93回では、永浦家の手伝いにやってきた亮たちが、宴(うたげ)を楽しむ姿が描かれた。亮と未知は隣同士でいることが多く、SNSでは「だいぶ距離が縮まった印象」「りょーちんの隣に絶対みーちゃんおるやん」「どうなってるの!?」「何があったの! 今すぐ教えてください!」などと反応する視聴者が続出。かつて「私が(亮の)そばにいる」と宣言していた未知だが、その有言実行ぶりが話題になった。

 以前は亮に対して敬語で接していた未知だが、第92回ではすでに“タメ口”で話す姿も描かれた。

 「大進歩!」「タメ口で話してるのもびっくり」「タメ口になったみーちゃん。良い方向に向かってますように」「りょーちんとみーちゃんがタメ口になってる件」「うまく距離を縮めたね、みーちゃん」といった感想も書き込まれた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る