漂着者:最終回 未来を変えようともがく“ヘミングウェイ”斎藤工 “詠美”白石麻衣はそっと抱き締める

連続ドラマ「漂着者」最終回の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「漂着者」最終回の一場面=テレビ朝日提供

 秋元康さん企画・原作・脚本で俳優の斎藤工さん主演の連続ドラマ「漂着者」(テレビ朝日系)最終回(第9話)が、9月24日午後11時15分に放送される。

 和菓子店「嘴屋(くちばしや)」の大女将・関川ふみ(根岸季衣さん)に刺された刑事・柴田俊哉(生瀬勝久さん)が、病院に緊急搬送される。傷はかなり深く危険な状態。ペアを組む部下の野間健太(戸塚純貴さん)、新聞記者・新谷詠美(白石麻衣さん)は、柴田の無事を祈り続ける。

 その頃、首相臨時代理・藤沼恵美子(峯村リエさん)は、大規模テロを企てている某国の工作員を特定。「ヘミングウェイ」(斎藤さん)に“未来を選ぶ能力”で、日本を危機から救ってほしいと懇願する。

 詠美は、日本が滅亡の危機に瀕していること、ヘミングウェイが未来を変えようとしていることを知る。しかし、どうしても“もう一つの未来”のイメージが湧いてこないと嘆くヘミングウェイを、詠美はそっと抱き締める……。

 ドラマは、地方の海岸に漂着した正体不明の男・ヘミングウェイが事件を次々と解決に導き、教祖のようにあがめられ、人々を狂信させていく様を描く。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る