大塚康生さん:東京国際映画祭で「足跡」振り返る企画上映 「じゃりン子チエ」「わんぱく王子の大蛇退治」も

「第34回東京国際映画祭」のラインアップ発表会に登場した藤津亮太プログラミング・アドバイザー
1 / 1
「第34回東京国際映画祭」のラインアップ発表会に登場した藤津亮太プログラミング・アドバイザー

 「第34回東京国際映画祭」のラインアップ発表会が9月28日、東京都内で開催され、ジャパニーズ・アニメーション部門で、3月に死去した“アニメ界の巨匠”の大塚康生さんを特集する企画が上映されることが分かった。

 「アニメーター・大塚康生の足跡」と題して、大塚さんが参加したアニメ「じゃりン子チエ」(1981年)、「わんぱく王子の大蛇退治」(1963年)のほか、大塚さんの証言をまとめたドキュメンタリー「記録映画『飄々~拝啓、大塚康生様~』」(2015年)がラインアップされている。

 東京国際映画祭の藤津亮太プログラミング・アドバイザーは、「アニメの黎明期(れいめいき)から活躍された大塚さんのレトロスペクティブという形で、ドキュメンタリーを含めた3作品を上映します。昨年は『ポケットモンスター』の歴史を歩むという形で特集を組んだのですが、今回はアニメの歴史そのものに軸足を置いた形です」とコメントした。

 東京国際映画祭は、1985年にスタートし、今年で31回目を迎えるアジア最大級の映画祭。今年は10月30日~11月3日に東京ミッドタウン日比谷(東京都千代田区)や東京国際フォーラム(同)ほかで開催される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る