映画興行成績:「007」最新作が初登場1位 「護られなかった者たちへ」「ルパン三世 カリオストロの城」も

映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」のビジュアル(C)2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.
1 / 1
映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」のビジュアル(C)2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

 10月4日に発表された2、3日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、人気スパイ映画「007」シリーズの最新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」(キャリー・フクナガ監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約28万2000人を動員し、興行収入は約4億3100万円を記録。1日の公開初日から3日間の累計では、動員が42万人、興行収入が6億円を突破する好スタートを切った。

 初登場作品では、俳優の佐藤健さんの主演の「護(まも)られなかった者たちへ」(瀬々敬久監督)が、土日2日間で約9万5000人を動員し、興行収入が約1億2600万円を記録して3位にランクイン。ホラー映画「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」(マイケル・チャベス監督)が5位だった。「ルパン三世」のアニメ化50周年を記念して、4K、7.1チャンネルサラウンドで10月1日から上映されている劇場版「ルパン三世 カリオストロの城」(宮崎駿監督、1979年)が10位に登場した。

 累計では、2位の「マスカレード・ナイト」(鈴木雅之監督)が動員178万人、興行収入24億円、公開12週目で6位の劇場版アニメ「竜とそばかすの姫」(細田守監督)が動員456万人、興行収入63億円、8位の劇場版アニメ「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」(長崎健司監督)が動員235万人、興行収入32億円をそれぞれ突破している。

 1位 007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
 2位 マスカレード・ナイト
 3位 護られなかった者たちへ
 4位 劇場版 Free!-the Final Stroke- 前編
 5位 死霊館 悪魔のせいなら、無罪。
 6位 竜とそばかすの姫
 7位 総理の夫
 8位 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション
 9位 かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル
 10位 ルパン三世 カリオストロの城 4K+7.1ch

映画 最新記事