SixTONES松村北斗:“ケンジ”内野聖陽の“マッサージ”でリラックス 「劇場版 きのう何食べた?」でイケメン美容師に

「劇場版 きのう何食べた?」の完成報告会に登場した「SixTONES」の松村北斗さん
1 / 2
「劇場版 きのう何食べた?」の完成報告会に登場した「SixTONES」の松村北斗さん

 人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗さんが10月6日、東京都内で行われた、2019年4月期に放送された連続ドラマの映画「劇場版 きのう何食べた?」(中江和仁監督、11月3日公開)の完成報告会に登場。劇場版で、内野聖陽さん演じる“ケンジ”と同じ美容室に所属するイケメン美容師・田渕剛役を演じる北斗さんは、新メンバーとしての参加に「まったく知らない小さな村に突然放り込まれた感じです」と当初の不安を吐露。ただ、現場では内野さんとのシーンが多かったとしたうえで、「そこに引き入れてくれたのは、お芝居という意味でも、現場の空気という意味でも、内野さんでした」と感謝を語った。

 一緒に登場した内野さんは、「彼は緊張していたんですよ。まじめな性格ゆえに、すっごい練習に練習を重ねて来てくれたんです。逆に、それが固まりすぎちゃっていたので、そこをもみもみもみもみ、ほぐしてあげて……」と回顧。松村さんが「お芝居の話も、関係ないような話も、いろいろ話しかけてくださって。何日かたつと、僕からも話しかけられるようになりました。内野さんは入り口になってくださって、いろんなことを引き出してくださいました」としみじみと語ると、内野さんは「(松村さんが)日に日にリラックスしていって、そこにいれるようになった。世界観ができているところに新しく飛び込んでくれば、普通みんなそうなると思うんで、ちょっとマッサージしたよね(笑い)。心のマッサージ、演技のマッサージ」と笑いながら明かしていた。

 完成報告会には西島秀俊さん、山本耕史さん、磯村勇斗さん、中江監督も出席した。

 「きのう何食べた?」は、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中のよしながふみさんの同名マンガが原作。料理上手で倹約家の弁護士・シロさんと、その恋人で人当たりの良い美容師・ケンジのカップルを主人公に、毎日の食卓を通して浮かび上がる男2人暮らしの機微を描く。劇場版は、シロさんの提案でケンジの誕生日プレゼントとして2人は京都旅行に行くが、その旅をきっかけに、互いに心の内を明かすことができなくなってしまい……という内容。

写真を見る全 2 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る