片岡愛之助:実は犬派だった! 妻・藤原紀香の影響で猫も好きに 「将来は犬と猫の両方飼いたい」

「よんチャンTV」の金曜コーナー「なおやの部屋」に出演する片岡愛之助さん(右)と河田直也アナウンサー=MBS提供
1 / 1
「よんチャンTV」の金曜コーナー「なおやの部屋」に出演する片岡愛之助さん(右)と河田直也アナウンサー=MBS提供

 歌舞伎俳優の片岡愛之助さんが、10月8日放送のMBSの報道情報番組「よんチャンTV(テレビ)」(月~金曜午後3時40分)の金曜コーナー「なおやの部屋」にゲスト出演。マンチカンを飼っていて、ブログにも写真を上げるほど猫好きの愛之助さんだが、実は元々、犬派。妻の藤原紀香さんが猫を飼っており、散歩に行かなくていい楽さにひかれて、猫も好きになったといい「将来は犬と猫の両方飼いたい」と語る。

 「なおやの部屋」は、河田直也アナウンサーがゲストを深掘りするトークコーナー。今回は愛之助さんが親善大使を務める地元・大阪府堺市で「関西人の勝手な想像」を調査。「半沢直樹のオネエ言葉を日常会話に取り入れてそう」「風呂上がりにガウンを着てそう」「長毛種の猫を飼ってそう」といった声を、愛之助さんにぶつけた。

 また、河田アナウンサーが「大手銀行に金融庁が調査に入った」というニュースの際、ネットでは「(片岡さんが半沢直樹で演じた)黒崎検査官や!」と盛り上がっていたという話題を振ると、愛之助さんはドラマ終了後に金融庁の方に会う機会があり、意外すぎる言葉をかけられたというエピソードを明かす。

 愛之助さんは、今週から大阪松竹座で上演されている歌舞伎公演「10月花形歌舞伎『GOEMON』」に、石川五右衛門役で出演している。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る