仮面ライダー:“ジオウ”奥野壮が“白馬の王子”に!? “イズ”鶴嶋乃愛は真紅のプリンセス 久々共演に「不思議な気持ち」

「東京メガイルミ2021-2022」の点灯式に登場した奥野壮さん(左)と鶴嶋乃愛さん
1 / 5
「東京メガイルミ2021-2022」の点灯式に登場した奥野壮さん(左)と鶴嶋乃愛さん

 特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(2018~19年)でジオウ/常磐ソウゴを演じた俳優の奥野壮さんと、「仮面ライダーゼロワン」(2019~20年)でイズを演じたモデルの鶴嶋乃愛さんが10月15日、大井競馬場(東京都品川区)で行われたイルミネーションイベント「東京メガイルミ2021-2022」の点灯式に登場した。

 鶴嶋さんは真紅のドレス姿で、ポニーの引く馬車に乗って登場。馬車に乗ったのは初めてだといい、「お姫さまみたいでうれしかったです。童話の中のプリンセスになった気持ちです!」と喜んだ。続いて、馬場から芦毛の誘導馬に乗って登場した奥野さんには「ステキでした……!」と声をかけていた。

 2人は「ジオウ」と「ゼロワン」の映画「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」(2019年)で共演。鶴嶋さんは「(イズではなく)この姿で奥野さんにお会いするのは初めてなので、不思議な気持ちです(笑い)」と話していた。

 「東京メガイルミ」は大井競馬場の冬季限定イルミネーション。4年目の開催となる今年度は、10月16日から2022年4月10日までの開催で、噴水とレーザーによる「メガイルミショー~噴水とオーロラのきらめき~」などを展開する。

写真を見る全 5 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る