最愛:“大輝”松下洸平の「好きやよ」に反響 「破壊力が半端なかった」

女優の吉高由里子さんが主演を務める連続ドラマ「最愛」の第1話のワンシーン(C)TBS
1 / 3
女優の吉高由里子さんが主演を務める連続ドラマ「最愛」の第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演の連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)の第1話が、10月15日に放送された。松下洸平さん演じる大学生・宮崎大輝が、吉高さん演じる高校生・真田梨央に「好きやよ」と告白する場面が登場。視聴者からは、「好きやよの破壊力やっば」「松下洸平の『好きやよ』は 反則技じゃないですか?!」などの反響が上がった。

 ドラマは、殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高さん)、その初恋相手で事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下さん)、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦新さん)を中心にしたラブサスペンス。

 第1話では、15年前の2006年、寮の看板娘だった高校3年生の梨央と、陸上部のエース・大輝が、互いに思いを寄せている様子が描かれた。ある夜、父・朝宮達雄(光石研さん)が留守にしていた寮で事件が起き……。そんな中、達雄はくも膜下出血で突然、この世を去ってしまう。

 大輝が梨央に思いを伝えたシーンでは、大輝は「梨央。俺、梨央が好きやよ」と告白。その言葉を聞き、涙ぐんでしまった梨央を、抱きしめた大輝は「元気出せ、梨央」となぐさめて……と展開した。

 SNSでは、「『好きやよ』にはキャーキャー言いながら見ました」「『好きやよ』の破壊力が半端なかったな」「松下洸平のこういう、好きを秘めた役大好き」「開始10秒からすでに面白いし、吉高由里子も松下洸平も演技最高」「松下さんの陸上選手しっくりくる」など、絶賛の声が続々と上がった。

 ラストでは、15年後、女社長となった梨央と、刑事となった大輝が再会する様子が描かれ、SNSでは「陸上選手からの刑事役めっちゃいい」「次週からも見たことない洸平さんが見られそうでワクワク」という声も上がっていた。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る