ドクターX:「飛沫飛ぶから御意禁止」に視聴者「笑った」 海老名&加地&蛭間に「いつめんがやっぱりおもろい」

連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第1話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第1話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」の2年ぶりの新作となる第7シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第1話が10月14日に放送された。100年に1度のパンデミックによって新局面を迎えた「東帝大学病院」を描く今シリーズ。院内勢力を伸ばす内科一派に、外科の海老名敬(遠藤憲一さん)らが飛沫(ひまつ)が飛ぶという理由から、おなじみのセリフ「御意」を“禁止”される場面が登場し、SNSでは視聴者が「御意禁止に笑った」「コロナで御意禁止ww」「ちゃんとコロナのある世界線でうれしいような悲しいような」などと盛り上がった。

 第1話では、内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)を筆頭とする内科一派と、外科分院長・蛭間重勝(西田敏行さん)を筆頭とする外科一派の対立が描かれた。二派の対立はコロナ対策を巡っても鮮明に現れ、外科の集会中に現れた内科一派は「外科の先生方は感染対策が甘すぎます」とピシャリ。また「御意」を巡っても、海老名や加地秀樹(勝村政信さん)が大きな声で「御意!」と返事するのと対称的に、内科一派は、蜂須賀が考案したという、無言で両腕を組み頭を下げる“御意ポーズ”を見せた。

 “御意禁止”と言われてしょんぼりする海老名や、内科一派の台頭に不平不満を漏らす蛭間、海老名、加地のおなじみの3人に、SNSでは「加地蛭間海老名は安心するなー」「いつめん(いつものメンバー)がやっぱりおもろいな」などの声も上がっていた。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。第7シリーズは、新局面を迎えた「東帝大学病院」を舞台に、未知子が蜂須賀らとの新たな戦いに身を投じていく。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る