倉科カナ:着物姿で映画祭授賞式に花添える 京都は「新しいことに臆さない印象」

「京都国際映画祭2021」授賞式に出席した倉科カナさん
1 / 6
「京都国際映画祭2021」授賞式に出席した倉科カナさん

 10月11日から開催されたきた「京都国際映画祭2021」のアンバサダーを務める女優の倉科カナさんが10月17日、京都市内で行われた授賞式に出席。華やかな着物姿で登場し、授賞式に花を添えた。

 倉科さんはアンバサダーについて「大役を務めさせていただき光栄です」とにっこり。京都については「歴史が長いですし、豊かな文化があり、日本映画発祥地でもありますし、新しいことに臆さない印象があります」と語っていた。

 「京都国際映画祭」は、1997年から京都市内で開催されてきた「京都映画祭」を発展継承する形で2014年にスタート。今年は、日本映画の発展に貢献した制作者を選出する「牧野省三賞」に「百円の恋」「全裸監督」などで知られる武正晴監督、国際的な活躍が期待される俳優を選出する「三船敏郎賞」に桐谷健太さんが選ばれた。

写真を見る全 6 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る