大友花恋:杉咲花が疎ましい? ドラマ「恋です!」でアルバイト仲間に 「優しい物語に良いスパイスを」

連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」に第4話から出演する大友花恋さん=日本テレビ提供
1 / 2
連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」に第4話から出演する大友花恋さん=日本テレビ提供

 女優の大友花恋さんが、杉咲花さん主演の連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖(はくじょう)ガール~」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが10月19日、分かった。大友さんは、ユキコ(杉咲さん)がアルバイトするハンバーガー店「BBバーガー」の店員・紺野役で、27日放送の第4話から登場。一緒に働くユキコを疎ましく思う役どころで、「優しい物語に良いスパイスを加えられるよう丁寧に向き合っていきます」とコメントを寄せている。

 紺野は、バイトをしながら劇団で芝居を続けている。自身も生活に苦労しているため、ユキコが特別扱いされているように感じて疎ましく思う、というキャラクターだ。大友さんは「冷静でストレートな性格の紺野がユキコさんにどのような関わり方をしていくのか……」と話している。

 一方、撮影現場は温かい雰囲気だといい、「初日、本当に緊張していたのですが、杉咲さんを筆頭にキャスト、スタッフの皆さんもこの作品と同じように温もりでいっぱいで、すぐに作品のチームの輪に入ることができました」と振り返った。

 併せて、お笑い芸人の吉住さんの出演も発表された。吉住さんが演じるのは、ユキコの教育係を任されて戸惑うBBバーガーの副店長・紅林で、同じく第4話から登場。「忙しい職場でハンディキャップを抱えるユキコとどう向き合うべきか葛藤する紅林という役は、コントの演技しかしてこなかった私にはかなり難しく苦戦しましたが、監督やキャストの皆さんとたくさんお話をさせていただき、自分なりに咀嚼(そしゃく)をし、大切に演じさせていただきます」と意気込みを明かし、「ユキコとともに成長していく紅林にも少し注目していただけるとうれしいです」と語っている。

 ドラマは、うおやまさんのマンガ「ヤンキー君と白杖ガール」(KADOKAWA)が原作。勝ち気だが恋に臆病な盲学校生・赤座ユキコと、ケンカっ早いが根は純粋なヤンキー・黒川森生(杉野遥亮さん)が繰り広げるラブコメディー。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る