注目アニメ紹介:「ガンダムブレイカー バトローグ」 ガンプラ、ゲームと連動 大張正己が監督

「ガンダムブレイカー バトローグ」の一場面(C)創通・サンライズ
1 / 5
「ガンダムブレイカー バトローグ」の一場面(C)創通・サンライズ

 人気アニメ「ガンダム」シリーズのプラモデル(ガンプラ)とゲームの連動企画「ガンダムブレイカー バトローグ プロジェクト」のアニメ「ガンダムブレイカー バトローグ」が、YouTubeのガンダムチャンネルで10月19日から毎週火曜午後9時半に配信される。。同プロジェクトのオリジナルの機体とゲーム「ガンダムブレイカーモバイル」「ガンダムブレイカー3」のキャラクターが登場する。大張正己さんが監督を務め、サンライズが制作する。全6話。

 ガンプラバトル全米選手権の決勝戦に、とあるファイターの姿があった。その数カ月後、彩渡商店街で新たなガンプラを組むサツキノ・ミサは、いつもより不機嫌な様子。ミサはやり場のない怒りをぶつけるように、完成したガンプラをバトルシミュレーターにセットしバトルに興じるも、突如ガンプラが拘束されてしまう。一大イベントであるGBフェスタを目前にして、ガンプラファイターたちの運命は風雲急を告げる。

 さまざまなガンダムの要素を組み込んで生み出されたガンダムヘリオス、ゴッドガンダムの兄弟機をコンセプトとしてカスタムしたブレイジングガンダム、ストライクフリーダムガンダムをベースに、パーフェクトストライクガンダムの機能性を組み合わせたガンダムパーフェクトストライクフリーダムなどが登場する。

 「とある魔術の禁書目録(インデックス)」などの井口裕香さんがサツキノ・ミサを演じるほか、声優として小野賢章さん、高橋李依さん、小野友樹さん、杉田智和さんらが出演する。


写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る