堀田真由:「ラジハ」で“絶世の美女”に 視聴者「可愛すぎる」「癒やされた」 「エール」窪田正孝との“再会”も話題

連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」第3話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」第3話のワンシーン(C)フジテレビ

 窪田正孝さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」(月曜午後9時)第3話が10月18日に放送された。女優の堀田真由さんが“絶世の美女”宮本すみれ役でゲスト出演。視聴者から「可愛すぎる」「キュン死」「癒やされた」と反響を呼んだ。

 劇中には、放射線技師・五十嵐唯織(窪田さん)とすみれのシーンも登場。2人は昨年放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」でも共演していたことから、SNSでは「窪田正孝さんと堀田真由さんの共演エモいな……」「エール思い出した」「『エール』コンビ爽やかでよかった」という声も上がっていた。

 すみれは、放射線技師の軒下吾郎(浜野謙太さん)とマッチングアプリで知り合った女性。幼いころからの憧れだった小学校教諭として働くが、人の顔が識別できなくなる相貌失認(失顔症)を煩い、夢を諦めつつあった。軒下からの提案で脳の検査を受けた結果、良性の脳腫瘍が原因と判明。すみれは手術を受けて顔を識別できるまでに回復する……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る