真犯人フラグ:西島秀俊は間違えてなかった! バーの住所を公式訂正 正しくは「東京都世田谷区多田」

ドラマ「真犯人フラグ」の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
ドラマ「真犯人フラグ」の一場面=日本テレビ提供

 俳優の西島秀俊さん主演の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の公式ツイッターで、主人公・相良凌介(西島さん)のサークル仲間・日野(迫田孝也さん)が経営するバーの住所が訂正された。10月10日放送の第1話では、「神奈川県横浜市都筑区多田5-12-1」とされていたが、正しくは「東京都世田谷区多田5-12-1」であることが分かった。

 第1話では、凌介が自宅から日野のバーに向かう姿が描かれた。凌介は、同じくサークル仲間の河村(田中哲司さん)から事前にバーの住所をメッセージで知らされており、トーク画面には「神奈川県横浜市都筑区多田5-12-1」と映し出されていた。ところが、凌介がバーへの経路検索で目的地として設定した住所は、「東京都世田谷区多田5-12-1」だったことから、一部の視聴者はさまざまな考察を展開していた。

 公式ツイッターは、「凌介さんのスマホに来たメッセージに記載されていた、日野さんのバー『至上の時』の住所が間違っておりました。正しくは『東京都世田谷区多田5-12-1』です。主人公が横浜の住所を見て、世田谷を地図検索するという謎の行動になってしまいました。ここに訂正させていただきます。引き続き、応援していただけますと幸いです…! どうぞよろしくお願いいたします!」とつづっている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る