3時のヒロイン・ゆめっち:“霊感あり芸人”が「ほん怖」初出演 「最近体験した一番怖い心霊現象」ドラマ化

10月23日放送の「ほんとにあった怖い話 2021特別編」に出演する3時のヒロインのゆめっちさん(C)フジテレビ
1 / 11
10月23日放送の「ほんとにあった怖い話 2021特別編」に出演する3時のヒロインのゆめっちさん(C)フジテレビ

 お笑いトリオ「3時のヒロイン」のゆめっちさんが、10月23日放送のフジテレビ系土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話 2021特別編」(ほん怖)に本人役で出演する。ゆめっちさんは「ほん怖」シリーズ初出演で、ドラマパートの「だるまさんが転んだ?」で主演を務める。幼いころから霊感があるというゆめっちさんが、宿泊先のホテルで体験したエピソードをドラマ化したもので、「私がここ最近体験した“一番怖い心霊現象”を描いた物語」と話している。

 地方収録であるホテルに数日泊まることになった3時のヒロイン。ゆめっちは部屋で不穏な空気を感じ、その後、キャリーケースが開かなくなったり、つけた覚えのないテレビが大音量で流れたりと、次々と奇妙な出来事に見舞われる。夜になり、眠りにつこうと電気を消すと、突然ひどい耳鳴りに襲われ、玄関の方に黒い人影のようなものが見える。電気をつけて確認すると誰もいないのだが、翌晩も電気を消すと人影が見えた。そして最後の夜、ついに人影のようなものが、ゆめっちの目の前に現れ……と展開する。

 本作への出演を聞いたゆめっちさんは「飛び上がりたくなるぐらい、めちゃくちゃうれしかった」といい、「本当に子どものころから見ていた大好きな番組で、ずっといつか出てみたいと思っていた番組の一つなので、すごくうれしかったです。そんな番組を通して、自分の体験談を皆さんに知ってもらえるのもうれしいです」とコメント。

 「怖さだけじゃなく、今まで見たことのない“お化け”も出てきます。あとは、私の電気をつけたり消したりするシーンは、かなりの長時間かけて撮影したので、そこにも注目して見てほしいです!」とアピールしている。

 3時のヒロインのほか、ドラマパート「或る学校の七不思議」で主演を務めるアイドルグループ「乃木坂46」の与田祐希さん、生田絵梨花さん、秋元真夏さん、梅澤美波さんもスタジオゲストとして登場。ゲストの身に起こった“七不思議エピソード”を紹介する中で、梅澤さんの心霊体験にスタジオが凍り付く一幕もあるという。

 「ほん怖」は、1999年に放送をスタートしたオムニバス形式の実録心霊ドラマ。2004年1~3月に第1シーズン、2004年10月~2005年3月に第2シーズンがレギュラー放送された。以降は毎年、特番として放送。「2021特別編」は10月23日午後9時~同11時10分に放送される。

写真を見る全 11 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る