二月の勝者:第2話 新任講師の“佐倉”井上真央が早くもピンチ! 生徒が退塾希望?

連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」第2話の場面写真=日本テレビ提供
1 / 9
連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」第2話の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の柳楽優弥さん主演の連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」(日本テレビ系、土曜午後10時)第2話が10月23日に放送される。

 新学期開始直後の「桜花ゼミナール」吉祥寺校。新任講師の佐倉麻衣(井上真央さん)はRクラスの担任を任されるが、新学期のテストは散々な結果。授業中にいつも窓の外を眺めている生徒・加藤匠(山城琉飛さん)の答案は白紙で0点だった。

 佐倉は匠の母・加藤涼香(堀内敬子さん)から「匠は中学受験に向いてないのでは」と相談を受ける。佐倉は匠にやる気を出してほしい一心で、授業後にマンツーマン指導して苦手克服を試みる。しかし翌日、匠は塾を休み、「匠が塾を辞めたがっている」と涼香に言われる。

 マンツーマン指導で、匠がなぜ窓の外を見ているのか気付いた佐倉。校長の黒木蔵人(柳楽さん)はその理由を聞くと、匠の両親との面談に向けて、講師たちに匠のこれまでの成績を用意するよう命じ、佐倉の自転車を借りてどこかへ……。

 原作はマンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の高瀬志帆さんの同名マンガ。「中学受験は課金ゲーム」という過激な考えを持つ塾講師・黒木が、現代社会のさまざまな問題に切り込みながら、中学受験に挑む子供たちを成功に導く姿を描く。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る