最愛:ひかれそうになった“梨央”吉高由里子を“大輝”松下洸平が引き寄せ 「キュンが止まらん」「余韻がすごい」

女優の吉高由里子さんが主演を務める連続ドラマ「最愛」の第2話のワンシーン(C)TBS
1 / 4
女優の吉高由里子さんが主演を務める連続ドラマ「最愛」の第2話のワンシーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演の連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)の第2話が、10月22日に放送された。ラストでは、松下洸平さん演じる刑事・宮崎大輝が、真田梨央(吉高さん)を引き寄せ、近づく車から助ける場面が登場。視聴者からは、「車にひかれそうになった所を引き寄せるシーンがカッコ良すぎてドキドキしました」などの反響が上がった。

 第2話では、15年ぶりに再会した梨央に、任意同行を求めた大輝。遺体で発見された昭(酒向芳さん)との関係や、昭の息子・康介(朝井大智さん)の遺留品について尋ねるなど、緊張感のあるやりとりをしていた。

 ラストでは、梨央を引き寄せ、近づく車から助けた大輝。しかし、引き寄せたはずみで、梨央の食べていたスイーツのクリームがべったりとついてしまうのだった。大輝は、「うわっ、なんで物食いながら夜中に歩いとるんやさ?」と言うと、梨央は「家帰って食べようと思って買っただけ。甘いもんほしくてちょっと食べただけやもん」と、互いに思いを寄せていた、以前の二人のようなやりとりを見せていた。

 SNSでは、「15年前に戻ったかのような二人の会話が良かったです」「松下洸平と吉高由里子のシーン良すぎて余韻がすごい」「松下洸平の刑事役にキュンが止まらんわ」「松下さんステキ」「松下洸平がかっこ良すぎるし、ドラマ内容も面白い!」といったコメントが並ぶなど、注目を集めていた。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る