鬼滅の刃:ゲーム「ヒノカミ血風譚」世界累計100万本突破

「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」のビジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable(C)「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」製作委員会
1 / 1
「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」のビジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable(C)「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」製作委員会

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」のゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」(アニプレックス)の世界累計出荷本数が100万本を突破したことが10月27日、分かった。10月14日に発売され、発売から約2週間で大台を突破した。

 ゲームは、アニメで描かれたストーリーを追体験できるソロプレーモード、アニメのキャラクターを操作して戦うバーサスモードが実装される。バーサスモードでは、オフライン、もしくはオンラインで最大2人でプレーでき、2キャラを組み合わせた2対2の対戦を楽しめる。サイバーコネクトツーが開発する。

 PS4、PS5、Steam、Xbox One、Xbox Series X、S向け。通常版、ダウンロード版は8360円で、フィギュアマルチスタンド付き数量限定版は1万6280円。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る