浪川大輔:「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」はスタッフの気迫がすごい! 「最高傑作を全身で浴びてください」

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン特別編集版」の一場面(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
1 / 4
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン特別編集版」の一場面(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

 京都アニメーションが手がけるアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が、日本テレビの映画枠「金曜ロードショー」で10月29日、11月5日に2週連続で放送されることを受けて、ギルベルト役の浪川大輔さんがコメントを寄せた。浪川さんは同作の魅力を「どこから言っていいのか、逆に難しい。監督をはじめスタッフの気迫がすごい! ヴァイオレットを通して得られる感情もキメ細やか。ゼロ、いやマイナスから少しずつプラスが足されていく過程が素晴らしく心に響く」と話している。

 浪川さんはギルベルトの印象を「過去は美化されるもので、よりステキなポジションに居させてもらってます」と話し、印象的なシーンについて「やはり『愛してる』。この言葉ではないでしょうか。ここから始まり、ずっと寄り添うものであります。とはいえ、他にも名シーンがたくさんありすぎて正直悩みます」と語っている。

 最後に「泣く準備をしてから視聴してくださいませ。見終わって、その余韻に浸りつつ眠りにつけたらきっと幸せだと思います。最高傑作を全身で浴びてください。必見です!」とメッセージを送った。

 金曜ロードショーでは、10月29日午後9時に、2018年1~4月に放送されたテレビシリーズを石立太一監督の監修で新たに再構成した「特別編集版」を放送。11月5日午後9時に、2019年9月に劇場公開された「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」を本編ノーカットで放送する。「特別編集版」としての放送はテレビ初で、「外伝」は地上波初放送となる。

 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、「第5回京都アニメーション大賞」の大賞を受賞した暁佳奈さん作、高瀬亜貴子さんイラストのライトノベルが原作。かつて軍人として戦ったヴァイオレット・エヴァーガーデンが、依頼者の思いをくみ取って言葉にする自動手記人形となり、さまざまな依頼者のさまざまな感情に触れ、人の心を理解していく……というストーリー。テレビアニメが2018年1~4月に放送された。新作劇場版アニメ「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が2020年に公開され、興行収入が約21億3000万円を記録するなどヒットしたことも話題になった。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る