仮面ライダー:50周年記念映画「仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ」ウェブ特報公開 まさかのショッカーエンブレムも

「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 1
「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 人気特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの50周年記念映画「仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ」(12月17日公開)のウェブ特報第1弾が10月31日、公開された。仮面ライダー1号や、現在放送中の仮面ライダーリバイス、先日最終回を迎えた仮面ライダーセイバーのほか、“謎の仮面ライダー”も登場する。

 ウェブ特報映像では、「1971」の数字に合わせて、仮面ライダー1号が「歴史を創りし者」のテロップを背に変身音と共に登場。続いて「2021」という数字と共に、「歴史を繋(つな)ぎし者」として現在放送中の仮面ライダーリバイス、そして仮面ライダーセイバーが登場する。そして、仮面ライダー生誕から100年後である「2071」の数字と共に、2071年の謎の仮面ライダーが登場。「歴史のすべてを知る者」というテロップもあしらわれるなど、謎めいた演出となっている。

 さらに、仮面ライダーリバイスの変身シーンでおなじみの、トーク画面で一輝とバイスのコミカルなやり取りから、ノイズとともに画面が乱れ始め、ライダーベルトのようなものや、第1作「仮面ライダー」で本郷猛が戦った悪の秘密結社「ショッカー」のショッカーエンブレムが映し出される。

 キャスト、スタッフも発表された。五十嵐一輝/仮面ライダーリバイ役の前田拳太郎さん、一輝の体内に潜む悪魔・バイス/仮面ライダーバイス役の声を担当する木村昴さんをはじめとした「仮面ライダーリバイス」のキャスト陣に加え、神山飛羽真/仮面ライダーセイバー役の内藤秀一郎さん、須藤芽依役の川津明日香さんら「仮面ライダーセイバー」のキャスト陣が登場することも明かされた。

 脚本は「仮面ライダーオーズ」「特命戦隊ゴーバスターズ」「宇宙戦隊 キュウレンジャー」を手掛けた毛利亘宏さんが担当。監督は「仮面ライダーセイバー」「仮面ライダーリバイス」のパイロット監督を担当した柴崎貴行さん、アクション監督、特撮監督はそれぞれ渡辺淳さん、佛田洋さんが務める。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る