剛力彩芽:新春エリアドラマ「家族の写真」で主演 豊橋市舞台で「魅力を伝えたい」

新春エリアドラマ「家族の写真」で主演を務める剛力彩芽さん=東海テレビ提供
1 / 1
新春エリアドラマ「家族の写真」で主演を務める剛力彩芽さん=東海テレビ提供

 女優の剛力彩芽さんが、2022年正月に東海地区でローカル放送される新春エリアドラマ「家族の写真」(東海テレビ)で主演を務めることが11月4日、分かった。ドラマは愛知県豊橋市が舞台で、剛力さんは若手フォトグラファーの主人公を演じる。

 望月美晴(剛力さん)は数年前にコンクールで入賞したことで注目されたものの、今はスーパーのチラシの撮影しか仕事がない毎日。現実の厳しさに悩む中、あるきっかけで豊橋に帰郷。地元で写真館を営む父や、地域の盛り上げに四苦八苦する同級生たちとの交流の中で、やがて美晴は自身の生き方を見つめ直す……という展開。

 美晴の同級生・棚橋瑠璃子役で吉谷彩子さん、同じく同級生の宮田紗希役で三戸なつめさん、美晴の助手を務めている中川和哉役で木戸大聖さん、美晴の亡母・香世子役で加藤紀子さん、美晴の父・弥太郎役で升毅さんが出演することも発表された。

 剛力さんはドラマ出演について「豊橋市にゆかりがないので、お話をいただけたことがすごくうれしかったです。行ったことがない知らない町だからこそ、豊橋という場所の魅力をうまく伝えられたらいいなと思います」とコメント。

 「私自身は初めて行く土地ですが、地元の人間としてこの作品をやらせていただくので、豊橋市の魅力をちゃんと伝えたいです。人の温かさ、家族の愛、友だちの愛といったものが作品を通して伝わったらいいなと思います」とアピールしている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る