田辺桃子:「恋です!」空&青野の“関係”どうなる? 付き合わなくても「なんだかんだ一緒にいてほしい」

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」に出演している田辺桃子さん=日本テレビ提供
1 / 1
ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」に出演している田辺桃子さん=日本テレビ提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖(はくじょう)ガール~」(日本テレビ系、水曜午後10時)でヒロイン・ユキコ(杉咲さん)が通う盲学校の同級生・空を演じている田辺桃子さん。同じく同級生の青野(細田佳央太さん)との今後の関係について聞くと「個人的には、なんだかんだ一緒にいてほしいなとは思っています(笑い)。付き合いはしなくても、ずっと一緒にいるみたいな、コンビ感が見てみたいなと思っています」と明かした。

 空と青野の関係について、細田さんとも話し合ったといい、「付き合いそうで付き合わない感じもありそうだし、付き合ってもデコボコな感じが想像できるので、それはそれでいいなと思ったりして……。どっちでもありだねっていう話になりました(笑い)」と語った。

 印象に残っているシーンについて聞くと、「やっぱり盲学校でのシーンがどれも印象的です。第2話(10月13日放送)で空と青野が話している図書館のシーンや、ユキコを含めた3人でのシーンはリズミカルで本音も混ざっていて、3人それぞれの顔がすごく出ているシーンなので、とても好きですね」と振り返った。

 役を演じる上で工夫した点については、「ユキコと青野と3人でいるときに、空だから言えることや、空だから言われて思わず元気が出ちゃう言葉がたくさんあるんです。なので、そういったムードメーカーのような要素は取り入れたいなと思って演じています」と話している。

 劇中では空のランニングシーンが多く描かれる。「ランニングのシーンは原作で読んでいたときにここを映像化できたらいいなと思っていた部分なので、すごくうれしかったです。伴走者の方と一緒に走るのを練習させてもらったのですが、めちゃめちゃ難しくて。コーナーを曲がるときのリズム感などが、ちょっと大変でした」と明かしている。

 第6話(11月10日放送)ではヤンキーの森生(杉野遥亮さん)が足繁く通う喫茶店に、空と青野が訪れる姿が描かれる。「初めて、やっと(喫茶店に)行けました(笑い)! 喫茶店でのシーンは、空にとっても、みんなにとってもすごく重要な場面だったので、大切に演じた分、出演者1人1人のパワーもすごく大きく感じました。見ている方にも、その場に一緒にいるような臨場感やパワーが伝わったらいいなと思っています」と語った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る