最愛:「ありえねーだろ!」激高する“山尾”津田健次郎が話題 「もっかい言って?」に「可愛すぎ」の声も(ネタバレあり)

女優の吉高由里子さんが主演を務める連続ドラマ「最愛」の第6話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
女優の吉高由里子さんが主演を務める連続ドラマ「最愛」の第6話のワンシーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演の連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)の第6話が、11月19日に放送された。津田健次郎さん演じる警視庁捜査第一係長・山尾敦が激高する場面があり、視聴者からは「津田さん迫力半端ね~」「めーっちゃこわいよ」「荒れたツダケンもカッコよくてすてきでした」といった声が上がるなど、注目を集めた。

 ◇以下、ネタバレがあります

 第6話では、警察に連行された朝宮優(高橋文哉さん)と面会した加瀬賢一郎(井浦新さん)は、15年前の事件だけでなく、渡辺昭(酒向芳さん)の殺害も自らがやったことだと告げられる。公園で昭と争った時の様子が動画でイヤホン型カメラに記録されていることを聞き出し、そのデータ解析をすることに。大輝ら警察も、優の証言による裏取りを基に現場周辺で聞き込みを進める。

 終盤では、加瀬の尽力により、優は昭の死には関与していないことが証明される。そんな中、山尾が、書類を投げつけながら「ありえねーだろ不起訴は! 500万渡して、突き落としたんだぞ!」と感情をむき出しにする場面が描かれた。ツイッターでは、ハッシュタグ「#最愛ドラマ」が2位となるなど、大きな盛り上がりを見せた。

 「目撃者の情報が入りました! 『犯人を見た』と言っているという男、を見たという男が」という報告に、山尾が「何? もっかい言って?」と言う場面もあり、SNSでは「シブかっこいい表情からちょっと抜けた感じの表情、荒ぶるシーンがあって最高でした」「津田さんの『もっかい言って?』が可愛過ぎた」「津田健次郎さんの激おこからの『なに?もう1回言って?』に惚れそうになるw」などのコメントが並んでいた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画