カムカムエヴリバディ:安子が橘家で“温かな時間” 視聴者も「ほっこり」 赤ちゃんの演技にも「タイミングすごい」

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第17回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第17回の一場面 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第17回が11月23日に放送。安子(上白石さん)が赤子のるいと共に、橘家で久々に温かな時間を過ごした。

 第17回では、1945(昭和20)年、安子(上白石さん)は赤子のるいを連れて橘家に帰り、久々にひさ(鷲尾真知子さん)や金太(甲本雅裕さん)、小しず(西田尚美さん)たちと思い出話に花を咲かせ、温かな時間を過ごす。しかし、戦況は悪化の一途をたどり、B29による爆撃は東京、大阪と次々に市街地を襲い、とうとう岡山でも空襲が始まる。安子は娘のるいをおぶって、焼夷(しょうい)弾が降る中を必死に逃げ惑う……という展開だった。

 安子が橘家に帰ると、ひさは自慢のお汁粉をるいに飲ませて笑顔を見せる。小しずが安子に「あねん楽しそうなおばあちゃん久しぶりじゃ」と話しかけていると、小しずに抱かれていたるいが泣き出てしまう。「いけん? いけんの。ああ、お母さんがよかったの?」という小しず。しかし、るいが安子の腕の中へと戻ると泣きやみ……。

 SNSでは「萌音ちゃん抱くと泣き止むのすごい、本当にお母さんだ」「るいちゃんの泣き出すときと泣き止むタイミングとかすごかった」「るいちゃん可愛すぎて橘家のみんな幸せそうでほっこり」「橘家のみんながるいちゃんを見て目尻下がりまくってる光景がほほえましすぎた」と反響があった。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る