板垣李光人:主演・山口紗弥加と18歳差の不倫相手に 「シジュウカラ」で年下のマンガ家アシスタント 役作りで“髪バッサリ”

2022年1月スタートの連続ドラマ「シジュウカラ」に出演する板垣李光人さん (C)「シジュウカラ」製作委員会
1 / 3
2022年1月スタートの連続ドラマ「シジュウカラ」に出演する板垣李光人さん (C)「シジュウカラ」製作委員会

 俳優の板垣李光人さんが、女優の山口紗弥加さん主演で、2022年1月スタートの連続ドラマ「シジュウカラ」(テレビ東京ほか、金曜深夜0時12分)に出演することが分かった。マンガ家の主人公・綿貫忍(山口さん)と「不倫ながらも純愛」を育んでいく22歳のアシスタント・橘千秋を演じる。

 公開されたビジュアルには、役作りのために長かった髪を切った板垣さんが写し出されている。また、ビジュアルの千秋は28歳の姿で、物語の始まりである5年前の千秋はまた違った印象になるかもしれないという。

 ドラマは、マンガ誌「JOUR」(双葉社)で連載中の坂井恵理さんの同名マンガが原作。40歳の売れないマンガ家が恋と仕事、同時に「セカンドチャンス」を手にする物語。板垣さんは、原作を読み「家庭を持つ女性が別の男性に惹(ひ)かれる。『不倫』というものが強いインパクトとして残りがちですが、その裏には人間が抱える光や闇、傷、欲、愛をはらんだサスペンスのような深い世界が広がっていると感じました」とコメント。

 「自分としてまた新たな挑戦になる作品だなと思いました。そして、大九(明子)監督が描く女性と関わることができるわけですが、作品を作っていく中で、自分がどう存在しどういった反応が起きるのか。そういった点ではとてもワクワクしています。もちろん不安もありますが、全力で楽しもうと思います」と語っている。

 併せて、宮崎吐夢さん、池内博之さんの出演も発表された。宮崎さんが忍の夫で亭主関白な綿貫洋平、池内さんが忍の元カレで、第二の不倫相手となるマンガ編集者の岡野克巳を演じる。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る