明日の仮面ライダーリバイス:第12話「弱さは強さ!?無敵のジャンヌ」 “さくら”井本彩花から悪魔の気配 決意の時

特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」第12話「弱さは強さ!?無敵のジャンヌ」の一場面(C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 4
特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」第12話「弱さは強さ!?無敵のジャンヌ」の一場面(C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第12話「弱さは強さ!?無敵のジャンヌ」が11月28日に放送される。予告映像では「五十嵐家・長女、決意の時」との文字が映し出されている。

 変身に失敗してがく然とするさくら(井本彩花さん)は、怒った次兄のライブ/大二(日向亘さん)から「ベルトを渡せ」と迫られる。悔しいが言い返すことのできないさくらは、とりなそうとした長兄のリバイ/一輝(前田拳太郎さん)の制止も振り切って家を出てしまう。一輝の悪魔バイス(声・木村昴さん)は、そんなさくらから悪魔の気配を察知する。

 一輝は、落ち込むさくらを見つけると「本当に強いさくらを見せてくれ。中途半端な状態ならいらない」とそっと背中を押す。一人になったさくらは再び変身を試みるが……。

 そんな中、デッドマンズと結託して悪魔の量産をたくらむ心理カウンセラー・灰谷天彦
(柏原収史さん)は、さくらが通う空手道場の師範代・大森聖子(小野まりえさん)を脅迫。そして、無理やり「プラナリア・デッドマン フェーズ2」に変える。

 「仮面ライダーリバイス」は、仮面ライダーの生誕50周年記念作品。主人公・五十嵐一輝が大切な家族を守るため、内に宿る悪魔バイスと契約して仮面ライダーリバイに変身。悪魔バイスが変身する仮面ライダーバイスと共に、“一人で二人”のコンビの仮面ライダーリバイスとして、悪魔崇拝組織デッドマンズと戦う姿を描く。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る