ムロツヨシ:実は松本潤とドラマ初共演「ムロの知らない松本が楽しみ」 秀吉役「まさかカタカナ5文字の私が」

2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」に出演するムロツヨシさん=NHK提供
1 / 6
2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」に出演するムロツヨシさん=NHK提供

 俳優のムロツヨシさんが、松本潤さん主演で2023年に放送されるNHK大河ドラマ「どうする家康」に出演することが11月29日、明らかになった。同日に行われた出演者発表会見で発表され、ムロさんは豊臣秀吉を演じることが分かった。

 ムロさんは、オファーを受けた時の心境について、「本当にびっくりしました。まさかカタカナ5文字の私が豊臣秀吉をやる日がくるとは思わなかったので、本当にとにかく驚きました。引き受けないという選択肢はなかったです。とにもかくにも驚きました」とコメント。

 ムロさんと松本さんは、これまでバラエティー番組などでは共演してきたが、ドラマで共演するのは今回が初めて。ムロさんは、「松本の知らないムロを見せたいと思いますし、ムロの知らない松本を楽しみにして、現場に臨みたいと思います」と語った。

 ムロさん演じる秀吉は、底辺からはい上がり、大出世を遂げ、徳川家康(松本さん)の最大のライバルとなる。全力で欲望を追い求めていき、戦国乱世を最も楽しんだ人物。驚異的な頭の良さで、いつも早口。明るく人たらしで、巧みに人の心に入り込む。家康が一番苦手なタイプ。

 ドラマは一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の有名人・徳川家康の生涯を描く、ハラハラドキドキ、スピード感あふれる波乱万丈のエンターテインメント作となるという。

 ドラマは、2023年から放送。2022年は小栗旬さん主演の「鎌倉殿の13人」が放送される。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る