最愛:「先のこと考えたい相手は他におらんで!」 電車の音に負けじと大声を出す“大輝”松下洸平が話題

女優の吉高由里子さんが主演を務める連続ドラマ「最愛」の第8話のワンシーン(C)TBS
1 / 4
女優の吉高由里子さんが主演を務める連続ドラマ「最愛」の第8話のワンシーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演の連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)の第8話が、12月3日に放送された。松下洸平さん演じる宮崎大輝が、吉高さん演じる真田梨央に「先のこと考えたい相手は他におらんで」と伝える場面があり、視聴者からは「めっちゃかっこいい……大ちゃん沼」などの声が上がった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 第8話で、橘しおり(田中みな実さん)と後藤信介(及川光博さん)がもめていたようだと聞いた梨央。しかし、後藤とは、加瀬賢一郎(井浦新さん)も前日から連絡できず、行方をつかめずにいて……。

 しおりの死の前日に彼女と会っていたことで、警察から事情聴取を受けることになった梨央の元を、捜査本部を外されて所轄の生活安全課に異動になっていた大輝が訪ねる。大輝の母が送ってくれたという故郷の酒を飲む二人の間には、穏やかな時間が流れ……。

 その夜、「二人で考えんか? これからのこと」と切り出した大輝。「私も同じこと思っとった。事件解決して、薬できたら、そのとき言おうって思っとった」と梨央が話すと、大輝は「今やないんやな」としつつも、「そんときが来るまで待っとこう」と話す。そんな中、電車がやってくるが、その音に負けじと、大輝は大きな声で「先のこと考えたい相手は他におらんで」と梨央に伝えて……。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#最愛ドラマ」が世界トレンド2位となるなど、大きな盛り上がりを見せた。SNSでは、「黒幕もちろん気になるけど、それどころじゃないくらいキュンだわ」「『先のこと考えたい相手は他におらんで!』と大声で言ったシーンで鷲掴みされました」などの声が続々と上がった。

 また、「これでふたりが『先のことを考えられない』結末になったらつらすぎる」「考察よりも大輝と梨央幸せになってくれと願うばかり」「お願いだから、梨央と優(高橋文哉さん)と大輝と加瀬を幸せにしてほしい」という意見も上がっていた。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る