くっきー!:“鍬形”小籔千豊と最悪タッグ? 「ドクターX」最終話ゲストに 「見ないとひっぱたくぞ!」

連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ最終話に出演する小籔千豊さん(左)とくっきー!さん=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ最終話に出演する小籔千豊さん(左)とくっきー!さん=テレビ朝日提供

 お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきー!さんが、米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜9時)第7シリーズに出演することが12月15日、分かった。くっきー!さんは16日放送の最終話ゲストで、内科リーダー・鍬形忠(小籔千豊さん)と“最悪タッグ”を組む、怪しげな建設コンサルタントの社長・兜川を演じる。

 兜川は、最終話で鍬形と暗躍する役どころ。くっきー!さんは「日本を代表するドラマに、出演者として名を連ねられるだけで光栄です。背骨のコマが1個増えて、背筋がピンと伸びる思いです」とコメント。「『ドクターX』の最終回はぜひリアルタイムで見てください。見ないと、冷凍したタチウオで頭ひっぱたくぞ(笑い)! よろしくお願いします」と話している。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって新局面を迎えた「東帝大学病院」を舞台に、未知子が、内科主導の組織変革をもくろむ蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)らとの新たな戦いを描く。最終話は10分拡大で放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る