横浜流星:「デス・ゲーム」で激しい攻防 B’zの新曲「リヴ」も 実写版「嘘喰い」本予告公開

映画「嘘喰い」の本ポスター(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会
1 / 2
映画「嘘喰い」の本ポスター(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会

 俳優の横浜流星さん主演の映画「嘘喰い(うそぐい)」(中田秀夫監督、2022年2月11日公開)の本予告が公開された。天才ギャンブラーの主人公・斑目貘(横浜さん)と一流のイカサマ師たちが、嘘を見抜けなければ即死という「デス・ゲーム」で激しい攻防を繰り広げる様子や、貘が闇カジノのオーナー・鞍馬蘭子(くらま・らんこ、白石麻衣さん)に顔を近づけるシーンなどが収められている。

 映画の主題歌に、ロックユニット「B’z」の新曲「リヴ」が起用されたことも発表された。本予告にも収録された疾走感のある楽曲で、B’zの松本孝弘さんと稲葉浩志さんは「自分の幸せのためだけでなく、現世の理不尽を暴き出すがごとく、逃げ道のない勝負に挑み、苦境においても決して生きることを諦めない斑目貘のポジティブな姿勢を表現できればと思い、“リヴ”という楽曲を作りました。『嘘喰い』の世界に少しでも花を添える要素になれれば光栄です」とコメントを寄せた。

 本ポスターも公開。不敵な表情を浮かべる貘や、蘭子が美脚をあらわに構えている姿などを切り取っている。「あんた、噓つきだね。」というコピーも添えられている。

 映画は、2006~17年に「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載された迫稔雄さんの人気マンガが原作。通称「嘘喰い」と呼ばれる正体不明の天才ギャンブラー・貘が、日本の闇社会を牛耳る組織・会員制の倶楽部賭郎(くらぶかけろう)の頂点を目指し、巨額の金と命を懸けたギャンブル、ゲームに興じる姿を描く。

写真を見る全 2 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る