最愛:ついに今夜最終話 それぞれの最愛は? 吉高由里子&新井順子Pがコメント

連続ドラマ「最愛」最終話の場面カット(C)TBS
1 / 39
連続ドラマ「最愛」最終話の場面カット(C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演の連続ドラマ「最愛」(TBS系、金曜午後10時)最終話が12月17日に放送される。

 「最愛」は、殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高さん)、その初恋相手で事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平さん)、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦新さん)を中心にしたラブサスペンス。新井順子さんがプロデューサー、脚本を奥寺佐渡子さんと清水友佳子さん、演出を塚原あゆ子監督と2013年1月期放送の「夜行観覧車」、2017年4月期放送の「リバース」とそれぞれが話題を呼んだ制作陣が手がけている。

 最終回のあらすじは公式サイトでも「ついに、すべての真実が明らかに…! それぞれの最愛…そして梨央が下す決断とは――?」とのみ書かれており、詳細は明かされていない。

 一方、吉高さんはインタビューで「梨央を守ろうとするみんなの愛が詰まってるなって」とコメント。「私を守ろうとみんな動いてくれた結果がこうなってしまったんだなって。心して見てください」と呼びかける。

 また、新井さんもインタビューで「ある意味、挑戦的な最終回。それぞれの最愛は何だったのか? 最終回のその先を想像してほしい」と呼びかけており、ドラマの公式ツイッターでは「番外編と言えるかどうか……。考えていることがあるので、また近々お知らせしたいと思っています」と意味ありげなメッセージを残している。

写真を見る全 39 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る