ガンダム:実物大立像RX-93ffνガンダム 頭部ドッキング 全貌公開 富野由悠季監督監修 ロングレンジ・フィン・ファンネルも

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡で建設中の実物大立像「RX-93ffνガンダム」(C)創通・サンライズ
1 / 8
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡で建設中の実物大立像「RX-93ffνガンダム」(C)創通・サンライズ

 三井ショッピングパーク ららぽーと福岡(福岡市博多区)で建設中の人気アニメ「ガンダム」シリーズの新たな実物大立像「RX-93ffνガンダム」の頭部をドッキングする上頭式が12月22日、実施され、立像の全貌が公開された。

 実物大ガンダム立像としては、動く実物大ガンダムを除き、6体目となり、西日本に設置されるのは初めて。「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場するRX-93νガンダムをベースとした機体で、富野由悠季監督が監修した。最高部は約24.8メートルで、実物大ガンダムでは一番の高さになる。ロングレンジ・フィン・ファンネルを装着し、トリコロールでマーキングした。右肩部、頭部が可動する。

 三井ショッピングパーク ららぽーと福岡の開業に合わせて2022年4月に公開される。

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る