貫地谷しほり:“死刑囚”亀梨和也に恋心 「連続ドラマW 正体」に黒木瞳、市原隼人、上川隆也も

「連続ドラマW 正体」の出演者=WOWOW提供
1 / 1
「連続ドラマW 正体」の出演者=WOWOW提供

 女優の貫地谷しほりさんが、人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演のWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 正体」に出演することが12月27日、分かった。主人公の脱走した死刑囚・鏑木慶一(亀梨さん)に恋心を抱く安藤沙耶香を演じる。

 ドラマは、染井為人さんの小説「正体」(光文社)が原作。ある夫婦の殺人事件の容疑者として逮捕され、死刑を宣告された鏑木は移送中に脱走。逃走しながらも潜伏先で出会う人々をさまざまな窮地から救っていく。その人物が指名手配中の死刑囚だと気が付いたとき、救われた人々は「彼は本当に殺人犯なのか?」と疑問を抱き始め……と展開する。

 沙耶香は、鏑木がウェブライターの「那須隆士」として潜伏する、編集プロダクション「メディアトレンダーズ」のライター兼ディレクター。身寄りのない鏑木と自宅で⼀緒に暮らし始め、次第に鏑木に惹(ひ)かれていく。

 貫地谷さんは、2020年に上演された舞台「『迷子の時間』-『語る室』2020-」で亀梨さんと姉弟役を務めた。今作での再共演については「少し恥ずかしいかなと思いましたが、逆にやりやすくてすてきな時間を過ごせました」と振り返っている。

 黒木瞳さん、市原隼人さん、上川隆也さんの出演も発表された。黒木さんは鏑木が容疑者とされている事件の被害者夫婦の母親で、事件の唯⼀の目撃者でもある井尾由子、市原さんは鏑木が「遠藤雄⼀」として働く「牛久保土木」の同僚・野々村和也、上川さんは痴漢の冤罪(えんざい)被害に遭い、陸橋から飛び降りようとしたところを鏑木に救われる弁護士・渡辺淳二を演じる。

 「連続ドラマW 正体」は2022年3月からWOWOWプライム・WOWOWオンデマンドで放送・配信。第1話は無料放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る