中村悠一:「劇場版 呪術廻戦 0」 “最強”五条悟役の意外な苦労 緒方恵美と収録で「没入感」

「劇場版 呪術廻戦 0」の五条悟役の中村悠一さん
1 / 23
「劇場版 呪術廻戦 0」の五条悟役の中村悠一さん

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」の劇場版「劇場版 呪術廻戦 0」(朴性厚監督)が、2021年12月24日に公開され、話題を集めている。同作で、主人公の乙骨憂太(おっこつ・ゆうた)を呪術高専に迎え入れる教師であり、最強の呪術師・五条悟を演じるのが、中村悠一さんだ。五条は、美しいルックスと呪術師としての強さなどから人気のキャラクターだが、演じる上では意外な苦労があるという。乙骨役の緒方恵美さん、夏油傑役の櫻井孝宏さんとの収録の様子、五条悟の人気の理由について聞いた。

 ◇緒方恵美が表現する乙骨のパッション 「気持ちに変化」

 「呪術廻戦」は2018年から「週刊少年ジャンプ」で連載中。強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というストーリー。テレビアニメが2020年10月~2021年3月に放送された。劇場版は、「呪術廻戦」の前日譚(たん)にあたる原作コミックスの「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」、通称“0巻”が原作。虎杖悠仁たちの1学年先輩の世代が登場するエピソードで、幼少期に事故死した幼なじみ・祈本里香の呪いに苦しみ、自身の死を望む高校生・乙骨憂太が、五条悟によって呪術高専に迎え入れられる。

 劇場版はテレビシリーズの約1年前が舞台。五条の呪術高専時代の同級生だった夏油傑が敵として登場し、呪霊たちによる非術師の大規模虐殺「百鬼夜行」を画策する。五条は、宣戦布告のために呪術高専に現れた夏油と久々に再会することになる。中村さんはどのような思いで、二人の再会を演じたのだろうか。

 「原作を先まで読んでいる方は別ですが、テレビシリーズを追っていた方はまだ夏油という存在がよく分からないと思うんですよ。単純に敵として出てきた人にしか見えない。今回の劇場版を見ても、その印象にあまり変化はないと思うんです。なので、僕も見ている方の認識がそうである前提で演じました。その結果、あの夏油との再会のシーンでも、ある程度突き放すような言い方になるのかなと。そう考えた上で気持ちを作っていきました」

 劇場版では、日本に4人しかいないといわれる特級呪術師である乙骨、夏油、五条が登場する。中村さんは、乙骨役の緒方さん、夏油役の櫻井さんと一緒に収録することもあったといい、緒方さんが表現する乙骨の「パッション」に感じ入ったという。

 「五条と夏油は、ある程度の力があって余裕がある。相手に揺さぶられたぐらいで信念が揺らぐような状態では現場に来ていないじゃないですか。だから、ある種ぶれなさすぎて、シーンごとに変化が付かないんですよね。でも乙骨は、新しいことを知って、それに対していろいろなことを考えて、落ち込んだり、立ち直ったり、怒ったり、悲しくなったりと、いろいろな起伏がある。そのパッションを緒方さんが全力で演じられているのを横で見られたことが、僕としては感じ入るものがありました。多分夏油と二人だけで録(と)っていたら、淡々と収録が終了していたと思うんです」

 緒方さんと収録を共にすることで自身の「変化」もあった。

 「乙骨が変化をしていくところを見られたことで、僕らのお芝居に影響はないんですけど、気持ちには変化があるというか。出てくるものは一緒かもしれないんですけど、気持ちの乗り方というか、ドラマへの没入感が変わるんですよね。そういう意味では、今回3人で収録できたのはすごく楽しかったし、いい形でやらせていただけたなと思います」

 ◇五条悟の人気の理由 「目隠ししていて強いから」?

 中村さんは、劇場版の収録で「結構きついシーンがあった」とも感じているという。それは、意外にも五条のギャグシーンだった。テレビシリーズでも、バトルシーンではすさまじい強さを発揮し、格好いい姿を見せる一方で、日常パートでは軽薄でマイペースな姿を見せるギャップが多くの人を魅了しているが……。

 「五条を演じていて結構きついのが、ギャグシーンなんですよ。テレビシリーズでもそうですけど、テンション高いし、しかも割と滑っているじゃないですか。それが今回は映画クオリティーにパワーアップされていて、演出が派手というか。『よりテンションを上げなきゃいけないんだ、俺だけ』みたいな(笑い)。それが一番きつかったです」

 そんな五条の人気の理由を聞いてみると、「僕は分からないんですよね」という答えが返ってきた。

 「どうしてこんなに人気なのか、いまいちぴんときていない人なので。たまに人に聞くんですけど、割とみんなから出てくる意見もぼんやりとしていますよね。伏黒恵役の内田雄馬君に『五条ってなにが格好いいんだと思う?』と聞いたら『やっぱり強いんで、目が隠れているんで』と(笑い)。でも、多分うそはついていないと思うので、目隠しをしていて強いと格好いいんじゃないですか(笑い)」

 ギャップを含め五条の捉えどころない、奥深い魅力が多くの人を引きつけるのかもしれない。中村さん演じる五条がスクリーンで見せる活躍に注目したい。

写真を見る全 23 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画