鎌倉殿の13人:三谷幸喜らしい? せりふ回しは随所で現代劇風 「首チョンパ」はトレンド入り

2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第1回場面カット (C)NHK
1 / 1
2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第1回場面カット (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)が1月9日にスタートした。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作。初回から登場人物の口から「平家をぶっ潰すぜ!」「首チョンパ」「ぞっこん」といった言葉が飛び出し、視聴者を喜ばせた。

 小栗さん扮(ふん)する義時は、田舎の平凡な武家の次男坊だったが、姉・政子が源頼朝の妻となり状況が一変。頼朝の右腕として、一癖も二癖もある坂東武者たちの間を奔走する……という役どころ。

 政子を小池栄子さん、頼朝を大泉洋さんが演じ、源義経役で菅田将暉さん、八重役で新垣結衣さんも出演。そのほかにも松平健さんや西田敏行さん、鈴木京香さんら豪華な俳優・女優陣が集結した。またドラマの語りを長澤まさみさんが務め、音楽はアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」などで知られる米国出身の作曲家、エバン・コールさんが担当する。

 1月9日放送の第1回は15分拡大版で、副題は「大いなる小競り合い」。1175年、平清盛(松平さん)が大権力者として君臨していた日本。伊豆の地では、北条義時(小栗さん)が兄・宗時(片岡愛之助さん)、姉・政子(小池さん)らとのんびり暮らしていた。しかし、流罪人・源頼朝(大泉さん)が義時の幼なじみ八重(新垣さん)と恋仲になり、男児が生まれたことで状況は一変。清盛から頼朝の監視を任されていた八重の父・伊東祐親(浅野和之さん)は激怒する。頼朝が姿をくらます中、北条家にも捜索命令が下り……という展開だった。

 北条家の面々を中心に三谷幸喜作品らしいコメディー色強めのやりとりが繰り広げられ、せりふ回しは随所で現代劇風になっていた。

 視聴者からは「せりふが現代語なのも新鮮ねぇ」「このせりふ回しが三谷大河なんだよな」「せりふはかなり現代風なところが三谷脚本らしさですな」「しゃべりが現代語だから、聞きやすい」「当方、学がないので現代口語文章でのせりふありがてえ」などの声が上がった。

 また、「首チョンパ」に対しては、「今、首チョンパという言葉が聞こえてきたのだがw」「首チョンパてw」「首チョンパがトレンド入りしてしまう」「鎌倉時代前にも首チョンパって言ったのか」「大河ドラマで首チョンパというワードを聞くとは思わなかった…w」といった反応があり、実際にツイッターでは「首チョンパ」がトレンド入りした。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る