清原果耶:「ファイトソング」で夢に破れた人生どん底ヒロインに 間宮祥太朗と“崖っぷち”同士の出会い!

連続ドラマ「ファイトソング」で木皿花枝を演じる清原果耶さん(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「ファイトソング」で木皿花枝を演じる清原果耶さん(C)TBS

 1月11日にスタートする女優の清原果耶さん主演の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)。岡田惠和さん脚本のオリジナル作品で、不器用な男女3人が繰り広げるヒューマンラブコメディーだ。清原さん演じるヒロイン・木皿花枝を紹介する。

 ◇夢に破れ、無気力状態に… スポーツ根性で逆境に立ち向かう!

 花枝は、児童養護施設「あさひ学園」育ちで、空手の日本代表を目指していた。しかし、突然その夢を断たれてしまい、現在は人生どん底の無気力状態に。持ち前の明るさとスポーツ根性で、あらゆる逆境を跳ね飛ばしていく。

 空手一筋で恋もしたことがないが、ひょんなことからミュージシャンの芦田春樹(間宮祥太朗さん)と出会う。実は芦田は、花枝が試合前に必ず聞いていた勝負曲の作者で……。

 ◇初回ストーリー

 空手の日本代表を目指していたが突然その夢を絶たれた花枝は、全てを失って人生どん底。無気力な毎日を送っていたが、幼なじみの夏川慎吾(菊池風磨さん)が経営するハウスクリーニングでバイトとして働くことに。

 ある日、花枝は客先として、一曲だけ売れたミュージシャン・芦田の家を訪れる。実は芦田は、事務所から残り2カ月でヒット曲を出さなければクビだと宣告され、窮地に立たされていた。そんな崖っぷちの2人が出会いを果たし……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る