カムカムエヴリバディ:松重豊が今度は劇中ポスターに! “斬られる侍”から“伴虚無蔵”へ「出世なさってる!!」

松重豊さん
1 / 1
松重豊さん

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第49回が1月11日に放送された。第42回(2021年12月28日放送)の劇中劇で“斬られる侍”を演じた松重豊さんが、今度は劇中の映画ポスターに“伴虚無蔵”という俳優として登場した。

 第49回では、映画館館主の西山太(笑福亭笑瓶さん)が竹村クリーニング店にやってくる。西山は「条映の社運を賭けた大作」だという映画のポスターを店に貼る。ポスターには伴虚無蔵という俳優(松重さん)が写し出されていたが、竹村平助(村田雄浩さん)・和子(濱田マリさん)夫妻は伴のことを知らない様子。西山は「あんたらは知らんやろけど、条映の秘蔵っ子やがな」と2人に説明する……という展開だった。

 松重さんの登場に対して、SNSでは「松重豊さん、斬られ役から伴虚無蔵に出世しとる」「役名ついたね!」「松重さんのお名前が明らかに…」「斬られ役からのし上がってきたのな!」「もう秘蔵っ子に」「出世なさってる!!」「この後どうかかわってくるのか気になって仕方がない」といったコメントが並んだ。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る