おかえりモネ:公式ツイッターが“最後のお知らせ”「たくさんの応援、本当にありがとうございました!」 1月14日の終了前に

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロイン・百音を演じた清原果耶さん
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロイン・百音を演じた清原果耶さん

 NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」の公式ツイッターが1月11日、更新された。「#おかえりモネから最後のお知らせ」と題した投稿で、「今週14日(金)をもちまして、『おかえりモネ』の投稿が見られなくなります。たくさんの応援をいただき、思い出が詰まったアカウントですので、スタッフ一同も大変名残惜しい思いです。これまでたくさんの応援、本当にありがとうございました!」とつづっている。

 公式ツイッターでは8日の投稿で、「おかえりモネ」のツイッターが14日をもって終了し、黒島結菜さん主演で今春放送予定の朝ドラ「ちむどんどん」の公式ツイッターに切り替わることが発表されていた。

 11日の投稿では、「おかえりモネ」の公式ホームページが31日をもって終了することも発表された。公式ツイッターは、「あと少しですが、ぜひ今までの写真など振り返ってみてください」と呼びかけている。

 ファンからは「今までありがとうございました!」「公式さんお疲れ様でした!!」「ついにこのときが来てしまいましたか」「いろんなハッシュタグが生まれましたよね~」「すてきな作品に出会うことができました」「『おかえりモネ』はこれからも私の中で大好きなドラマ第1位です」「俺たちの菅モネは永遠です!」「続編お願いします。スピンオフもお願いします」「またいつか会える日を楽しみにしています」といった多くのコメントが寄せられた。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが、同県の登米(とめ)で過ごす中で、気象予報士の資格を取り上京。気象会社に就職し、天気予報の経験を積んだ後で故郷に戻り、地元へ貢献する姿を描いた。

テレビ 最新記事